« 沖縄プチ旅行記 | トップページ | 2020年キーワードランキング »

2020年12月30日 (水)

当時のコロナの対応

今年は、本当に新型コロナに振り回されっぱなしだったような気がします。

そんな中、実は7月ごろに、

   熱がしばらく下がらない状況になってたんです。。。

7月といえば、1回目の緊急事態宣言は解除されたものの、また感染者数が

増え始めていた頃です。

会社のルール上、発熱した時点で出社禁止となり、テレワークで仕事しながら、

新型コロナウイルスに感染したかもしれないと恐れながら生活してました。

 

その当時、コロナの対応状況はこんな感じでした。

①相談窓口

 症状を伝えたところ、熱の症状が続いているので感染が疑われる。

 PCR検査を受けた方がいいので、その旨保健所に相談してほしい。

②保健所

 保健所は医療機関ではないので、PCR検査を受けた方がいいかは

 判断できない。

 それを判断するのは医者であり、まずは医者に相談してほしい。

③かかりつけ医

 (小さい診療所ということもあり)PCR検査を受けることは無理。

 もう一度、保健所に相談してほしい。

④保健所

 電話が全く繋がらなくなる。

⑤相談窓口

 もっと大きな病院に相談すべき。

 医療情報センターに問い合わせてほしい。

⑥医療情報センター

 病院は紹介できるが、PCR検査ができるかどうかの情報はない。

 →ひとまず、大きい病院を紹介してもらう。

⑦大きい病院

 完全防護服で診察を受けるが、PCR検査は受けさせてもらえず。

 

ということで、

  PCR検査なんて一般市民には受けれない状況でした!

そのころ、テレビでは、ちょっとでも体調がおかしければ、すぐに

PCR検査を受けるべきだーとか言ってましたが、

   これには本当にイライラしました。。。

受けたくても、ずっとたらい回しにされるような状況だったんです!

まぁ、それぞれは正しいことを言ってるのかもしれないですが。。。

今は、大分PCR検査も受けやすくなったんですかね?!

 

とまぁ、その後は熱も下がり、体調も全く問題なくなりました。

発熱してた期間は、家族とも隔離し、食事も寝るのも別の部屋で

過ごすようにしてたのでした。やれやれ。

« 沖縄プチ旅行記 | トップページ | 2020年キーワードランキング »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 沖縄プチ旅行記 | トップページ | 2020年キーワードランキング »